地球で最後のふたり

公開日: : 最終更新日:2017/08/11
邦画, 邦画ドラマ, 邦画ラブロマンス



LAST LIFE IN THE UNIVERSE
製作年度:(2003)
製作国:日本

出演: 浅野忠信, シニター・ブンヤサック, ライラ・ブンヤサック, 松重豊, 竹内力
監督: ペンエーグ・ラッタナルアーン

解説
浅野忠信がベネチア国際映画祭「コントロコレンテ部門」主演男優賞を受賞したラブストーリー。浅野が演じたのは感情をなかなか表に出さないミステリアスな男。彼が少しづつ心を開いていく様子を絶妙なさじ加減で演じているのが印象的だ。監督は『6IXTYNIN9』『わすれな歌』で知られるタイの新鋭、ペンエーグ・ラッタナルアーン。またクリストファー・ドイルが撮影を担当し、タイならではの色彩をみごとに捉えている。

あらすじ
潔癖症のケンジ(浅野忠信)はノイ(シニター・ブンヤサック)の散らかり放題の家に転がり込む。彼女は妹を事故で失い、ケンジはヤクザの兄を殺されたばかりだった。やがてケンジはノイの家を熱心に掃除し始める。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の対応を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。
【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑