洋画 洋画アクション 洋画ホラー

ヴァーサス・ゾンビ 時空を越えた生きる屍

洋画

TO KAKO – STIN EPOHI TON IROON
EVIL – IN THE TIME OF HEROES
製作年度:(2009)
製作国:ギリシャ

出演: ビリー・ゼイン, メレティス・ゲオルギアディス, ペピ・モスコヴァコア, アルギリス・タナソウラス, ディノス・アヴゴウスティディス
監督: ヨルゴス・ノウシアス

解説

歴史都市:ギリシャ・アテネ。既にその街は、ゾンビに支配されていた。わずかに残った人間は、奴らとの戦いに明け暮れていた。
ちょっとドジなアルギリスもその中の一人だった。彼は何故か、何度死んでもその度に生き返っていた、人間として。
そんな彼の前に謎の男が現れる。異様な風貌をしたその男はアルギリスに向かい、「実は2,500年前にも、同じ状況がこの都市を襲い、勇敢に戦った英雄達によって屍は退治された。
しかし時を越えた今、再び屍達が目を覚まし、この街を襲っている。アルギリス、お前こそが現代の勇者なのだ。」と告げるのだった!

タイトルとURLをコピーしました