邦画 邦画ドラマ 邦画戦争

ビルマの竪琴 (1956)

邦画

製作年度:(1956)
製作国:日本

出演: 三国連太郎, 安井昌二, 浜村純, 西村晃, 北林谷栄
監督: 市川崑

解説

1945年の夏、敗残の日本軍はビルマの国境を越え、タイ国へ逃れようとしていたが、その中にビルマの堅琴に似た手製の楽器に合せて、「荒城の月」を合唱する井上小隊(三国連太郎)があった。水島上等兵 (安井昌二)は竪琴の名人で、原住民に変装しては斥候の任務を果し、竪琴の音を合図に小隊を無事に進めていた。やがて、小隊は国境の近くで終戦を知り、武器を捨てた。彼らは遥か南のムドンに送られることになったが、水島だけは三角山を固守して抵抗を続ける日本軍に降伏の説得に向ったまま、消息を絶った。一方、ムドンに着いた小隊はある日、作業に出た。そこで青いインコを肩にのせた水島に瓜二つのビルマ僧を見掛けて声をかけるが、その僧侶は目を伏せて走り去った。水島は生きていたのである。

タイトルとURLをコピーしました