メゾン ある娼館の記憶

公開日: : 最終更新日:2017/05/04
洋画, 洋画エロス, 洋画ドラマ


L’APOLLONIDE (SOUVENIRS DE LA MAISON CLOSE)
製作年度:(2011)
製作国:フランス

出演: ノエミ・ルボフスキー, アリス・バルノル, セリーヌ・サレット, アデル・エネル, ジャスミン・トリンカ
監督: ベルトラン・ボネロ

解説
20世紀初頭のフランス・パリの高級娼(しょう)館を舞台に、美しく華やかな娼(しょう)婦たちの抱える孤独や不安、苦悩を紡ぐ人間ドラマ。客の男に傷をつけられた美しい女や、優雅な高級娼(しょう)婦の世界にあこがれを抱く少女など、さまざまな女性たちが作品を彩る。出演は、『キングス&クイーン』のノエミ・ルボフスキーや『息子の部屋』のジャスミン・トリンカなど。豪華な娼(しょう)館の様子や退廃的な娼(しょう)婦たちなど絵画のように美しい世界観と、体を張って生きる女性たちの過酷な運命に引き込まれる。

あらすじ
20世紀初頭のパリ。マリー・フランス(ノエミ・ルボフスキー)が主を務める高級娼(しょう)館アポロニドで、一番美しい娼(しょう)婦のマドレーヌが客に襲われ顔に傷をつけられる。12年間もアポロニドで働くレア(アデル・エネル)、いつか得意客が連れ出してくれると信じるジュリー(ジャスミン・トリンカ)たちは、お互いに支え合って生きていたが、さまざまな事情により娼(しょう)館は閉館することになってしまい……。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑