洋画 洋画エロス 洋画サスペンス

白昼夢に抱かれる女

洋画

KVINDEN DER DROMTE OM EN MAND
THE WOMAN THAT DREAMED ABOUT A MAN
製作年度:(2010)
製作国:デンマーク/チェコ/ポーランド/フランス

出演: ソニア・リクター, マルチン・ドロチンスキ, ミカエル・ニクヴィスト
監督: ペール・フリー

解説

夢で見た男と、現実で身体を重ねる―私を抱くこの男は、一体誰なの? 官能×スリルが織り成す、予測不可能なエロティック・サスペンス!

あらすじ

ファッション界でカメラマンとして働くカレンは、同じ夢を何度も見るようになる。それは、ホテルの一室で、ベッドに腰をかける裸の男の夢。そしてカレンは仕事先のフランスで、夢で見た男と全く同じ男マチェックに出会う。最初はカレンを不審に思っていたマチェックだが、やがて互いに家庭を持つ身でありながら、一線を越えてしまう。浮気と割り切るマチェックに対して、カレンは彼との関係にのめり込み、家庭もキャリアも捨てマチェックの仕事部屋に住み着くカレン。その行動は次第に異常な愛へと変化していくのだが――。

タイトルとURLをコピーしました