洋画 洋画コメディ 洋画ドラマ 洋画ラブロマンス

セックス・アンド・ザ・シティ

洋画

SEX AND THE CITY
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ
映倫 PG-12

出演: サラ・ジェシカ・パーカー, キム・キャトラル, クリスティン・デイビス, シンシア・ニクソン
監督: マイケル・パトリック・キング

解説

ニューヨークに暮らす女性4人の本音を赤裸々に描き、エミー賞にも輝いた伝説の大ヒットテレビドラマがついに映画化。テレビシリーズのその後を舞台に、キャリーら4人が恋愛に仕事に奔走する。監督はテレビ版で製作総指揮を務めたマイケル・パトリック・キング。サラ・ジェシカ・パーカーらオリジナルキャストに加え、『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソンも出演している。一流ブランドから寄せられた1,000着以上の最新コレクションなど、物語を華やかに彩るファッションも見逃せない。

あらすじ

今や作家として成功したキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、ビッグ(クリス・ノース)との関係も順調な中、25歳の若いルイーズ(ジェニファー・ハドソン)を助手として雇うことに。一方、俳優の恋人スミス(ジェイソン・ルイス)とともにロサンゼルスに住むサマンサ(キム・キャトラル)は、ニューヨークの暮らしを恋しく感じていた。

タイトルとURLをコピーしました