洋画 洋画サスペンス 洋画ドラマ

裏切りの戦場 葬られた誓い

洋画

L’ORDRE ET LA MORALE
REBELLION
製作年度:(2011)
製作国:フランス

出演: マチュー・カソヴィッツ, イアベ・ラパカ, マリク・ジディ, アレクサンドル・ステイガー, ダニエル・マルタン
監督: マチュー・カソヴィッツ

解説

1988年にフランス領ニューカレドニアのウベア島で起きた独立派先住民との武力衝突事件を題材にした社会派ドラマ。制圧した無抵抗な過激派を暴行、射殺した事実をフランス政府が今も否定するウベア島事件の真相を、『クリムゾン・リバー』のマチュー・カソヴィッツが監督・脚本・編集・主演を務めて描く。実際に同事件の交渉役に任命されたフィリップ・ルゴルジュの手記を基に10年の歳月をかけて完成させた迫真のストーリーは、第37回セザール賞脚色賞にノミネートされた。

あらすじ

1988年4月22日、フランス領ニューカレドニアのウベア島でカナック族の独立派がフランス憲兵隊宿舎を急襲し、人質を取るという衝撃的な事件が発生。人質解放のため交渉人を任されたフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)のフィリップ・ルゴルジュ大尉(マチュー・カソヴィッツ)は、反乱軍との平和的な解決策を模索する。一方、大統領選挙を控えた本国では対話路線と強硬路線の意見が対立し、やがて政府の鎮圧命令が下り……。

タイトルとURLをコピーしました