洋画 洋画ドラマ 洋画戦争

ベルリン陥落 1945

洋画

ANONYMA – EINE FRAU IN BERLIN
A WOMAN IN BERLIN
製作年度:(2008)
製作国:ドイツ/ポーランド

出演: ニーナ・ホス, アウグスト・ディール, ユリアーネ・ケーラー, イルム・ヘルマン, ロルフ・カニース
監督: マックス・フェベルベック

解説

赤軍侵略! ナチス終焉の時

あらすじ

1945年4月。ドイツ軍にかつての昂揚感はなく、国全体を暗い喪失感が覆っていた。陥落間際のベルリンでは、ドイツ軍が姿を消した後もそこに住み続けていた女性達が略奪・レイプを繰り返す暴虐なソ連軍の格好の標的となっており、主人公のジャーナリストもその例外ではなかった。しかし、彼女はその犠牲者になるまいと、自らソ連軍の将校の愛人になることで安全を確保する。激変する時代に翻弄(ほんろう)されながらも、偽りの愛で結ばれた男女の間に、それ以上の感情が芽生えはじめる。一方で、荒廃した街中ではドイツ軍の生存者と占領軍が戦争の爪痕を露呈するかのように、醜い争いを繰り広げていた。そして、事態は思わぬ方向へ展開していく……。

タイトルとURLをコピーしました