故郷よ

公開日: : 最終更新日:2020/01/06
洋画, 洋画ドラマ



LA TERRE OUTRAGEE
LAND OF OBLIVION
製作年度:(2011)
製作国:フランス/ウクライナ/ポーランド

出演: オルガ・キュリレンコ, イリヤ・イオシフォフ, アンジェイ・ヒラ, ヴャチェスラフ・スランコ
監督: ミハル・ボガニム

解説
本作が長編映画デビューとなるミハル・ボガニムが監督を務め、チェルノブイリ近郊の立入制限区域内で初めて撮影された切ない人間ドラマ。チェルノブイリからわずか3キロの美しい町で幸福に暮らしていた人たちの生活が、原発事故により一変する衝撃を映し出す。ヒロインを熱演するのは役柄同様ウクライナ出身の『007/慰めの報酬』などのオルガ・キュリレンコ。叙情的な風景と共に描かれる消滅した町の元住民たちのその後の姿に胸をつかれる。

あらすじ
1986年4月25日、ウクライナ北部の町プリピャチには春が訪れ、人々はそれぞれの人生を謳歌(おうか)していた。翌日に挙式を控えたアーニャ(オルガ・キュリレンコ)は、恋人ピョートル(ニキータ・エンシャノフ)と川に浮かぶ木船で愛を語り合う。翌日は朝から雨だった。そんな中、森林警備隊隊員ニコライ(ヴャチェスラフ・スランコ)は、出勤途中で異変を感知する。


リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。 紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】
  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑