洋画 洋画アクション 洋画サスペンス

ラスト・リベンジ

洋画

DYING OF THE LIGHT
製作年度:(2014)
製作国:アメリカ
映倫 R15+

出演: ニコラス・ケイジ, アントン・イェルチン, アレクサンダー・カリム, イレーヌ・ジャコブ
監督: ポール・シュレイダー

解説
『タクシードライバー』『レイジング・ブル』などの脚本でも知られるポール・シュレイダー監督とニコラス・ケイジがタッグを組んだ、サスペンスアクション。かつて自分にすさまじい拷問を加えたテロリストの所在を知ったCIAエージェントが、その復讐(ふくしゅう)に挑む。製作総指揮に『ドライヴ』などのニコラス・ウィンディング・レフン、共演に『君が生きた証』などのアントン・イェルチン、『エレニの帰郷』などのイレーヌ・ジャコブら、実力派が結集。スリリングな展開に加え、人生の清算に迫った深く重いテーマ性にも注目。

あらすじ
CIAの捜査官として30年もキャリアを積んできたものの、上司から早期の引退を遠回しに勧められてしまったエヴァン・レイク(ニコラス・ケイジ)。ショックを受ける中、部下のミルトン・シュルツ(アントン・イェルチン)からある報告を受ける。それは22年前にエヴァンを監禁して拷問にかけたテロリストのムハメド・バニール(アレクサンダー・カリム)がケニアに潜伏しているかもしれない、というものだった。情報の信ぴょう性を確かめた後、リベンジを果たそうとするエヴァンだったが、ムハメドは前頭側頭型認知証を患っており……。

タイトルとURLをコピーしました