邦画 邦画エロス 邦画ドラマ

卍(まんじ) (1983)

邦画

製作年度:(1983)
製作国:日本

出演: 樋口可南子, 高瀬春奈, 原田芳雄, 小山明子
監督: 横山博人

解説
谷崎潤一郎の同名小説を、馬場当が脚色し横山博人が監督。1964年に公開された増村保造版に続き二回目の映画化となる。樋口可南子と高瀬春奈の大胆なレズシーンが話題に。

あらすじ
現職刑事を夫に持つ柿内園子は、食器店で銀のスプーンを万引きしている現場を、OLの志藤光子に目撃されてしまう。事を公にしたくない園子は求めに応じ、光子と関係を持つようになるが、徐々に自ら快楽を求めるようになっていった。夫の剛は自分と体を重ねようとしない園子に疑いを持ち、部下を使って妻を尾行させ、光子の存在を突き止める。園子と光子を問い詰める剛だったが、二人は関係を認めようとしない。だがある日、園子は光子を家に連れ込み、男一人女二人の生活が始まるのだった。

タイトルとURLをコピーしました