洋画 洋画コメディ 洋画ドラマ 洋画戦争

わが教え子、ヒトラー

洋画

MEIN FUHRER – DIE WIRKLICH WAHRSTE WAHRHEIT UBER ADOLF HITLER
製作年度:(2007)
製作国:ドイツ

出演: ウルリッヒ・ミューエ, ヘルゲ・シュナイダー, ジルヴェスター・グロート
監督: ダニー・レヴィ

解説

第2次世界大戦末期のドイツを舞台に、闘志を失ったヒトラーと、彼にスピーチを教えることになったユダヤ人元演劇教授の複雑な関係を描くヒューマンドラマ。監督は『ショコラーデ』のダニー・レヴィ。『善き人のためのソナタ』のウルリッヒ・ミューエが、同胞のためにヒトラーを殺すのか、愛する家族を収容所から救い出すのかという選択に葛藤(かっとう)するユダヤ人教授を演じる。歴史的事実からイマジネーションを膨らませて描かれた作品世界に注目だ。

あらすじ

敗戦が濃厚になりつつある1944年12月のドイツ。ヒトラー(ヘルゲ・シュナイダー)は病気とうつですっかりやる気をなくし、公の場を避けて引きこもる始末だった。そんな中、ユダヤ人の元演劇教授アドルフ・グリュンバウム(ウルリッヒ・ミューエ)は収容所から総統官邸に呼び寄せられ、ヒトラーに力強いスピーチを指導するよう命じられる。

タイトルとURLをコピーしました