ひめゆりの塔 (1953)

公開日: :
邦画, 邦画ドラマ, 邦画戦争


製作年度:(1953)
製作国:日本

出演: 津島恵子, 香川京子, 信欣三, 藤田進, 岡田英次
監督: 今井正

解説
石野径一郎の同名小説を水木洋子が脚色し今井正が監督。戦争に散った女学生たちの悲劇を、セミ・ドキュメンタリータッチで描く。戦後まもなくの製作だったため、沖縄でのロケができなかったという。今井正は1982年にも水木洋子の脚本でリメイク版を監督した。  敗戦が色濃くなった昭和二十年の沖縄。日本軍は「勤労奉仕」という名の下、女学校を卒業したばかりの生徒たちによる看護部隊「ひめゆり部隊」を結成し、前線の野戦病院へ送り込んだ。沖縄はすでに海と空からの爆撃にさらされており、病院には日夜、負傷兵や遺体が運び込まれてきていた。ひめゆり部隊は弾丸や水を運ぶなど、看護以外の労働に従事していたが、敵軍の攻撃は日増しに激しくなり、部隊は徐々に包囲されてしまう。


リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の対応を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。
【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑