邦画 邦画エロス 邦画ドラマ

欲動

邦画

TAKSU
製作年度:(2014)
製作国:日本

出演: 三津谷葉子, 斎藤工
監督: 杉野希妃

解説

『歓待』などで女優やプロデューサーとして活躍する杉野希妃がメガホンを取り、心臓病を抱える夫とその妻が人間の生死や男女の性愛のはざまで揺れ動く姿を描くドラマ。病を抱える夫の死の影におびえながら、夫の妹の出産に立ち会おうとバリへ旅した夫婦を通して、生きることや性への欲望を映す。『愛の渦』などの三津谷葉子とテレビドラマ「カラマーゾフの兄弟」などの斎藤工らが出演。オールロケが敢行された、バリ島のガムランやケチャといった音楽やダンスにも圧倒される。

あらすじ

ユリ(三津谷葉子)と夫の千紘(斎藤工)は、千紘の妹・九美(杉野希妃)の出産が間近に控えたことを受けて、インドネシアのバリ島にやって来る。千紘は心臓に重い病を抱え、心配する看護師のユリに対して怒りをぶつけてしまう。その場を後にしたユリは、声を掛けてきた木村(高嶋宏行)と行ったナイトクラブで、ジゴロのワヤン(コーネリオ・サニー)と出会い……。

タイトルとURLをコピーしました