洋画 洋画アクション 洋画ホラー

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊

洋画

ZOMBIE MASSACRE
製作年度:(2013)
製作国:イタリア/アメリカ/ドイツ/カナダ
映倫 R15+

出演: クリスチャン・ボーヴィング, マイク・ミッチェル, タラ・カーディナル, アイビー・マーシャル・コービン, ウーヴェ・ボル
監督: マルコ・リストーリ, ルカ・ボニ

解説

『アローン・イン・ザ・ダーク』などで知られるドイツの鬼才ウーヴェ・ボルが製作を務め、人気ゲーム「Zombie Massacre」を実写映画化。生物兵器開発中に起きた事故でウイルスがまん延し、住民がゾンビと化した町ごと核爆弾で消滅させる極秘任務を遂行すべく、アメリカ政府によって召集された傭兵(ようへい)部隊の死闘を描く。ゾンビの大群が襲撃してくる中、彼らは爆弾を仕掛けて制限時間以内に町を脱出できるのか、そのてん末から目が離せない。

あらすじ

近未来、東欧の都市でひそかに遂行されていたアメリカ軍の生物兵器開発の最中に事故が起こり、町は一晩でゾンビだらけになってしまう。軍は証拠を消すのため町ごと核爆弾で殲滅(せんめつ)ことを決定し、殺しのスペシャリストたちが召集される。彼らは爆弾を仕掛けて1時間以内に脱出しなければならないが、町には想像をはるかに超えるゾンビの大群があふれていた。

タイトルとURLをコピーしました