洋画 洋画ドラマ 洋画青春

レッスン!

洋画

TAKE THE LEAD
製作年度:(2006)
製作国:アメリカ

出演: アントニオ・バンデラス, ロブ・ブラウン, ヤヤ・ダコスタ, アルフレ・ウッダード
監督: リズ・フリードランダー

解説

本作は、ニューヨーク在住の社交ダンス講師、ピエール・デュレインの実話に基づいたもの。デュレイン氏は、世界一といわれるイギリスのダンス大会、「ブラックプール」で4年連続優勝した経験があり、現在は名門ジュリアード音楽院で教鞭を執る他、数多くの社交ダンス教室を経営している。作品のモデルとなった高校での活動が認められ、今、マンハッタンで社交ダンスを取り入れる高校が16校もあるとか。世界一のダンサー、デュレインを演じるのは、『マスク・オブ・ゾロ』でも華麗な動きを披露したアントニオ・バンデラス。カティア・ヴァーシアスと踊るタンゴがセクシーで、社交ダンス=お年寄りの趣味、と思っている人には目からウロコかも。

あらすじ

社交ダンスの講師、ピエール・デュレインは、路地裏に停められていた車を破壊し、逃げ去る少年に遭遇する。車の持ち主は、その少年の高校の校長だった。翌日、ピエールは、車を壊された校長を尋ね、「社交ダンスで生徒を更正したい」と申し出る。彼の粘り強い交渉に、校長はしぶしぶ承諾。はじめは、「社交ダンスなんてヘタレのダンスだ」と言っていた生徒たちも、レッスンが進むにつれ、社交ダンスの魅力に取り付かれていく…。

タイトルとURLをコピーしました