指輪をはめたい

公開日: : 最終更新日:2017/04/07
邦画, 邦画コメディ, 邦画ラブロマンス


製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 山田孝之, 小西真奈美, 真木よう子
監督: 岩田ユキ

解説
『八月の路上に捨てる』で芥川賞を受賞した伊藤たかみ原作の同名の小説が映画化。プロポーズ直前に記憶喪失になり、なぜか婚約者の記憶だけがスコンと抜けてしまった男と彼を取り巻く女性たちのハートフル・コメディ。転倒してからなぜか恋愛の記憶だけが戻らない主人公は、見覚えのない指輪と見覚えのない女性たちに翻弄される。しかし、断片的に甦る記憶と同時に、これまで胸に収めてきた密かな思いが明らかになり…。ありがちな記憶喪失ものととは一味違った、現代の男性の本音を描いたラブストーリー。出演は、山田孝之、小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴ほか。監督は、『檸檬のころ』で長編デビューし、イラストレーターでもある岩田ユキ。

あらすじ
製薬会社の営業マン輝彦は、営業先のスケートリンクで転倒し、一過性の健忘症となる。鞄から出てきたのは恋人に贈る婚約指輪。しかし、肝心の恋人がどうしても思い出せない。そんな輝彦の前に恋人だと名乗る女性が現れた。美人で仕事もできる会社の先輩、智美、風俗嬢のめぐみ、そして公園で人形劇をしている清楚で家庭的な和歌子だ。全くタイプの違う3人を前にしても、輝彦の記憶は一向に戻らない。本当に結婚したい女性は誰?



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑