洋画 洋画サスペンス 洋画犯罪

バンク・ジョブ

洋画

THE BANK JOB
製作年度:(2008)
製作国:イギリス
映倫 PG-12

出演: ジェイソン・ステイサム, サフロン・バロウズ, リチャード・リンターン, デヴィッド・スーシェ
監督: ロジャー・ドナルドソン

解説

1971年、ロンドン。とある銀行の地下金庫に強盗団が侵入、数百万ポンドにも及ぶ現金と宝石が強奪される事件が起こった。事件は数日間トップニュースとして報道されたあと、突如打ち切られた。それはイギリス政府からのD通告(国防機密報道禁止令)によるものだった……という実話を基にしたクライム・サスペンス。王室スキャンダルの漏洩!?という大胆な仮説を軸に、“事情”を知らない強盗団、政府高官、裏社会の顔役、汚職警官らが絡み合うストーリーは非常にスリリング。『トランスポーター』などのジェイソン・ステイサムが主演だが、いつものB級アクション“臭さ”を感じさせない、見応えのある作品となっている。

あらすじ

イースト・ロンドンで中古車ディーラーを経営するテリーは、知り合いの女性マルティーヌから銀行強盗の話を持ちかけられる。「一生に一度のチャンス」と説得され、計画実行を決意する。テリーは総勢7人の実行メンバーを集め、地下トンネルを掘り金庫への侵入に成功する。しかし、その盗んだ貸金庫の中には、犯罪組織はもちろん、イギリス政府や警察、王室までもが関係する秘密が預けられていたのだ…。

タイトルとURLをコピーしました