洋画 洋画SF 洋画アクション 洋画ホラー

28週後…

洋画

28 WEEKS LATER
製作年度:(2007)
製作国:イギリス/スペイン
映倫 R-15

出演: ロバート・カーライル, ローズ・バーン, ジェレミー・レナー, マッキントッシュ・マグルトン
監督: ファン・カルロス・フレスナディージョ

解説

世界中で大ヒットを記録した『28日後…』の続編。たった一滴の血液で感染し、20秒以内に発症、凶暴化して全力疾走で襲ってくるゾンビがスクリーンに復活した!近未来のロンドンを舞台に、「明日、起こるかもしれない」恐怖を描き出している。人っ子ひとりいなくなったロンドン、死体の腐敗臭に満ちたロンドン、焦土と化すロンドン…、ショッキングな映像の連続で、観る者を恐怖に陥れること必至。監督に抜擢されたファン・カルロス・フレスナディージョは『10億分の1の男』で知られるスペインの俊英。ソリッドなドキュメンタリータッチの映像は斬新で、かつスピード感満点だ。

あらすじ

感染すると凶暴性を引き起こし、ほかの人間を襲うようになるレイジ・ウィルスが猛威をふるう中、ドンは妻のアリスらと山荘に籠っていた。ある日、子供を追ってきたウィルス感染者たちに襲撃され、アリスは退路を断たれてしまう。ドンはそんな妻を見捨て、命からがらボートで脱出する。そしてウィルス発生から28週後、ロンドンでは軍の厳重な監視のもと、再建が始まっていたのだった。

タイトルとURLをコピーしました