吉原炎上 (1987)

公開日: : 最終更新日:2017/11/02
邦画, 邦画ドラマ


製作年度:(1987)
製作国:日本

出演: 名取裕子, 二宮さよ子, 藤真利子, 西川峰子, かたせ梨乃
監督: 五社英雄

解説
斉藤真一の「吉原炎上」「明治吉原細見記」を原作に、吉原遊廓の花魁の生き様を描く。脚本は『瀬降り物語』の中島卓夫、監督は『極道の妻たち』の五社英雄、撮影も同作の森田富士郎が担当。また脚色構成として笠原和夫が参加し、「今は幻、吉原のものがたり」の作家近藤富枝が監修。

あらすじ
その昔、吉原遊廓では、借金に縛られた娘たちが年季が明けるまで、春を売っていた……。久乃が“中梅楼”に遊女として売られてきたのは十八歳の春。明治の末のことである。中梅楼にはお職の九重をはじめ、二番太天の吉里、三番太天の小花に次いで、菊川などさまざまな遊女がそれぞれ艶を競っていた。九重の下につき見習いをはじめた久乃にやがて、娼妓営業の鑑札が下り、若汐という源氏名を貰った。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑