洋画 洋画コメディ 洋画ラブロマンス

セレンディピティ

洋画

SERENDIPITY
製作年度:(2001)
製作国:アメリカ

出演: ジョン・キューザック, ケイト・ベッキンセール, モリー・シャノン, ブリジット・モイナハン, ジョン・コーベット
監督: ピーター・チェルソム

解説

「セレンディピティ」なんて聞き慣れない英語だけど、普通の辞書でもあまりお目にかからないこのタイトルには、「幸せな偶然」「偶然何かを発見する力」という意味があるらしい。そしてもうひとつは、この映画の中にも登場するニューヨークの老舗カフェの名前でもある。ヤッピー顔のジョナサンとキュートな英国女性サラの関係は、そんな偶然、あるわけないと思いつつも、結構胸をキュンとさせられてしまうロマンティックな物語だ。

あらすじ

12月のニューヨーク。クリスマスの買い物客で賑わうデパートで、偶然同じカシミアの手袋をつかんだジョナサン(ジョン・キューザック)とサラ(ケイト・ベッキンセール)はすぐに惹かれあうが、今の2人はそれぞれに恋人がいる。お互いに特別な何かを感じた2人は、これが運命かどうか確かめることに。しかし偶然は逆方向に働き、ジョナサンはサラの苗字も知らないまま別れてしまう。数年後、結婚を控えたジョナサンはふとサラのことを思い出す。そしてサラもまた、恋人のプロポーズを受けながらもジョナサンとの出会いを思い出していた…。

タイトルとURLをコピーしました