洋画 洋画アクション 洋画アドベンチャー 洋画ファンタジー

ジャックと天空の巨人

洋画

JACK THE GIANT SLAYER
製作年度:(2013)
製作国:アメリカ

出演: ニコラス・ホルト, エレノア・トムリンソン, ユアン・マクレガー, ビル・ナイ, スタンリー・トゥッチ
監督: ブライアン・シンガー

解説

空の上には巨人が住んでおり、いつか人間の住む地上に降り立とうと機会をうかがっている…。そんな昔話を信じて幼い頃から冒険心を抱いてきた二人、農民の息子ジャックとイザベラ姫が出会い、伝説の巨人を相手に繰り広げる冒険を描いた本作。英国の童話「ジャックと豆の木」や「Jack the Giant Killer」といった伝承話をもとに、CGで作り上げた巨人たちが勢いよく飛び出してくる、迫力満点のアドベンチャー・ムービーだ。主人公のジャックを演じるのは、『アバウト・ア・ボーイ』のニコラス・ホルト。実力派俳優スタンリー・トゥッチらユーモラスに悪役を好演しているのにも注目だ。監督を務めたのは「X-メン」シリーズのブライアン・シンガー。

あらすじ

18歳のジャックは、ある修道士から不思議な豆を手に入れる。嵐となったその夜、ジャックの家に道に迷った国王の娘・イザベラ姫が訪ねてきた。その時、ジャックが床下に落とした豆から芽が出て、天空に向かって巨大な豆の木が飛び出した。ジャックは落下するが、姫は家ごと天空に連れ去られてしまう。翌日、国王の命令のもと、衛兵たちとともにジャックは姫を救いに天空を目指す。豆の木の先には、伝説だと思われていた巨人の国があった…。

タイトルとURLをコピーしました