邦画 邦画サスペンス 邦画ドラマ

その男、凶暴につき

邦画

製作年度:(1989)
製作国:日本

出演: ビートたけし, 白竜, 芦川まこと, 川上麻衣子
監督: 北野武

解説

ヤクザに雇われた殺し屋と、それを執拗に追う刑事との争いを描く。脚本は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の野沢尚が執筆。監督はビートたけしこと北野武、撮影は「この胸のときめきを」の佐々木原保志がそれぞれ担当。挿入歌は、トレイシー(「ガール・ユー・ニード」)。

あらすじ

一匹狼の刑事・我妻諒介は凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤と殺し屋・清弘の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。一方、清弘の仲間たちは知恵遅れの少女を諒介の妹と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった・・・。

タイトルとURLをコピーしました