邦画 邦画ファンタジー 邦画ラブロマンス 邦画青春

きみにしか聞こえない

邦画

製作年度:(2007)
製作国:日本

出演: 成海璃子, 小出恵介
監督: 荻島達也

解説

人気作家・乙一の感動作を、みずみずしい映像で映画化した珠玉の一編。ある日突然、不思議な“脳内電話”で会話が出来るようになった2人の、ぎこちなくてこそばゆい交流が描かれていく。なぜ、2人を繋ぐのがケイタイじゃなく“脳内電話”なのか? そこに本作の“ミソ”であるシンヤの秘密が隠されているのだが、そのシンヤを演じた小出恵介の演技が魅力的だ。純真さを物語る屈託のない笑顔、細かな感情の変化まで伝える表情が素晴らしい。ヒロイン役の成海璃子も、繊細で今にも壊れそうな佇まいから、シンヤに恋をして顔を輝かせる表情まで、幅の広い演技を見せる。衝撃的な結末と、ラストに流れるDREAMS COME TRUEの同名主題歌で、2度泣かされます。

あらすじ

傷つきやすく内気な女子高生、リョウ。友達のいない彼女はケイタイも持っていない。そんなある日、公園で拾ったおもちゃのケイタイから着信音が流れる。それは、見知らぬ青年シンヤからの電話だった。この時から、ずっと孤独だった2人の、不思議な交流が始まる。頭の中に直接聞こえてくる声で“電話”するうち、2人の心は打ち解け、互いの存在に励まされるようになっていく。そしてついに、2人は実際に会う約束をするのだが…。

タイトルとURLをコピーしました