座頭市血笑旅

公開日: : 最終更新日:2018/04/30
邦画, 邦画時代劇


製作年度:(1964)
製作国:日本

出演: 勝新太郎, 高千穂ひづる, 金子信雄, 加藤嘉, 天王寺虎之助
監督: 三隅研次

解説
『眠狂四郎女妖剣』の星川清司と『ど根性一代』でコンビの吉田哲郎、松村正温が共同でシナリオを執筆『悪名太鼓』の三隅研次が監督した座頭市シリーズ8作目。撮影もコンビの牧浦地志。

あらすじ
甲州路を行く座頭市を見えがくれに追う五人組の殺し屋、文珠の和平次、島蔵、猪蔵、菊蔵、鶴蔵らは、市が乗った駕を先廻りして刺した。だが駕の中は赤ん坊を抱いた若い女おとよであった。市は途中で、急病に苦しむおとよに、駕をゆずったのだった。おとよの死を知った市は、その亭主信州宮本村の宇之助の許まで、赤ん坊を届けることにした。赤ん坊を抱いて、市は、駕かき土平と馬助を連れて子守旅を始めた。だが、五人組は、そんな市に襲いかかった。


リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。 紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】
  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑