アニメ アニメファミリー アニメファンタジー アニメホラー

コララインとボタンの魔女

アニメ

CORALINE
製作年度:(2009)
製作国:アメリカ

出演: ダコタ・ファニング, キース・デヴィッド, テリー・ハッチャー
監督: ヘンリー・セリック

解説

現実はいつだって色褪せて見えるもの。ワクワク楽しくて、ドキドキするほど怖くて不気味なパラレルワールドに瞬く間に引き込まれる。何しろ名作『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督作。人形を1コマ1コマ動かして撮影した写真24枚で1秒間の映像を構成するという気の遠くなるようなストップモーションアニメの名手が、構想5年、撮影期間に4年をかけ、フル・デジタル3Dで作り上げ公開された映像ファンタジー2D版。キャラクターやセットのデザインを任されたのは日本人イラストレーター上杉忠弘。原作はニール・ゲイマンの同名ベストセラー小説。

あらすじ

ピンク色の古いアパートに引っ越して来た11歳の少女コララインは退屈し切っていた。近所に住む少年ワイビーとの出会いは最悪だったし、パパもママも仕事に追われ、食事は手抜き料理ばかり。そんなある日、家の中に封印された小さなドアを見つけたコララインは、ドアの向こうに別の世界を発見する。そこではやさしくて料理上手のママが待っていて、願い事はかない放題。ただし、奇妙なことにママの目はボタンだった…。

タイトルとURLをコピーしました