邦画 邦画ヤクザ

激動の1750日

邦画

製作年度:(1990)
製作国:日本

出演: 中井貴一, 中条きよし, 岡田茉莉子, 萩原健一
監督: 中島貞夫

解説

志茂田景樹の小説『首領を継ぐのは俺だ』と斯波道男(俊藤浩滋)の原案をもとに、中島貞夫が脚本・監督を務めた任侠映画。日本最大の暴力団による五年間にわたる内部抗争を、実録タッチで描く。村尾昭と大津一郎が中島とともに共同で脚本を執筆した。  日本最大の暴力団組織である神岡組は、三代目組長と若頭を相次いで失い、定例幹部会では川井勝司を推す古参幹部たちと、これに異議を唱える若手幹部との対立が表面化。若手の離反を恐れた三代目の未亡人である神田ひろ子は、若手が推す時津忠久を四代目に指名した。川井たちは神岡組を去り、新たに八矢会を結成。両者の対立は血で血を洗う抗争に発展し、時津と神田ひろ子の命が奪われてしまうのだった。

タイトルとURLをコピーしました