洋画 洋画ドラマ 洋画ラブロマンス

痛み

洋画

PAIN
製作年度:(2011)
製作国:韓国

出演: クォン・サンウ, チョン・リョウォン, マ・ドンソク
監督: クァク・キョンテク

解説

事故によって家族と痛みを感じる感覚を失った男が、愛の痛みに苦しむようになるプロセスを描く韓国の感動ドラマ。殴られ屋をやりながら借金の取り立てをする孤独な主人公を、テレビドラマ「天国の階段」などで日本でも人気のあるクォン・サンウが熱演。『友へ チング』などのクァク・キョンテクがメガホンを取り、テレビドラマ「私の名前はキム・サムスン」のチョン・リョウォンが血液の難病にかかったヒロインを演じる。病と孤独に苦しむ二人の男女が、心を通わせる過程を丁寧に紡ぎ上げた切ないストーリーが胸を打つ。

あらすじ

交通事故で家族を失い、後遺症で痛みを感じなくなったナムスン(クォン・サンウ)。自らの体を痛めつけて、相手を脅して借金を取り立てる日々を送っていた。そんなある日、ナムスンは父の借金を抱えたドンヒョン(チョン・リョウォン)と出会う。家のないドンヒョンと暮らすことにしたナムスンは、血友病を患いながらも明るく生きるドンヒョンに惹(ひ)かれ始めるが……。

タイトルとURLをコピーしました