邦画 邦画コメディ

薔薇色のブー子

邦画

製作年度:(2014)
製作国:日本

出演: 指原莉乃, ユースケ・サンタマリア, ムロツヨシ, 鈴木福, 田口トモロヲ
監督: 福田雄一

解説

少女漫画のような出会いを夢見る女子大生が理想の男性と知り合ったのを機に自分を変えようと張り切るも、次々とトラブルに遭遇するドタバタコメディー。AKB48 32ndシングル選抜総選挙で1位となったHKT48の指原莉乃と、『HK/変態仮面』などの福田雄一監督が再びタッグを組む。ユースケ・サンタマリア、福田作品の常連ムロツヨシ、『コドモ警察』でも福田監督と組んだ鈴木福らが共演。落とし穴や池に落ちてずぶぬれになり、さらには車にひかれるなど指原のコメディエンヌぶりが楽しめる。

あらすじ

常に文句を言っているためブー子というあだ名で呼ばれる大学生の幸子(指原莉乃)は、少女漫画のような出会いが訪れてほしいという願望を抱いていた。しかし憧れのキャンパスライフとはほど遠く、一人で少女漫画を読む日々。そんなある日、自称ジョニー・デップ似のスパロウさんとツイッターで知り合いになった幸子は自分を変えるべく一念発起するが、さまざまな災難が彼女に降り掛かり……。

タイトルとURLをコピーしました