洋画 洋画アクション 洋画サスペンス 洋画犯罪

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

洋画

BLOOD TIES
製作年度:(2013)
製作国:フランス/アメリカ

出演: クライヴ・オーウェン, ビリー・クラダップ, マリオン・コティヤール
監督: ギョーム・カネ

解説

俳優としても活躍するギョーム・カネが監督と脚本を務め、犯罪に手を染めた兄と警察官の弟の激しい対立と同時に複雑な心模様を映し出したサスペンス。1970年代のニューヨーク・ブルックリンを舞台に、全く違う道を歩む兄弟の葛藤を浮き彫りにする。主人公をクライヴ・オーウェンとビリー・クラダップが熱演。マリオン・コティヤールやミラ・クニスら豪華キャストが織り成す一筋縄ではいかない物語に圧倒される。

あらすじ

1974年、殺人事件を起こして服役していた兄クリス(クライヴ・オーウェン)が7年ぶりに出所する。今や模範的な警察官になった弟フランク(ビリー・クラダップ)は、自分の家に兄を迎え入れ、仕事の世話をしたり、前妻(マリオン・コティヤール)との間に立ったりして兄といい関係を築こうとする。そんな最中、クリスが以前犯した犯罪が明るみとなり、職場を追われてしまう。この出来事が兄弟の関係に影を落とし……。

タイトルとURLをコピーしました