洋画 洋画サスペンス 洋画ホラー

セッション9

洋画

SESSION 9
製作年度:(2001)
製作国:アメリカ
映倫 R-15

出演: ピーター・ミュラン, デヴィッド・カルーソ, ジョシュ・ルーカス, ブレンダン・セクストン・サード
監督: ブラッド・アンダーソン

解説

1871年に建てられ、かつて2,400人の患者を収容したダンバース州立精神病院。そこでは、現在は禁止されているロボトミーやショック療法といった非人間的な治療が施されていた。1985年に閉鎖されて以来、廃墟と化したこの建物が公共施設として改修されることになり、アスベスト除去のために5人の男がやって来た。通常は2週間かかる作業ながら、彼らに与えられた時間は1週間。これを過ぎれば報酬の1万ドルは払われない。さっそく作業を始める彼らだったが、かつて患者が受けた虐待や狂気、苦痛といった悪夢の痕跡に触れ、次第に精神が追いつめられていく……。

タイトルとURLをコピーしました