奇襲戦線 ナチス弾道ミサイルを破壊せよ!

公開日: :
洋画, 洋画アクション, 洋画戦争


BALLADA O BOMBERE
BALLAD ABOUT THE BOMBER
BALLAD OF A BOMBER
THE BOMBER
製作年度:(2011)
製作国:ロシア/ウクライナ

出演: ニキータ・エフレーモフ, エカテリーナ・アスタホワ, アレクサンドル・ダヴィドフ, ウラジスラフ・アバシン, イゴー・バリノフ
監督: ヴィタリー・ヴォロビョフ

解説
1940年前半、ナチス・ドイツ軍は、ソ連(現ロシア)侵攻を強めていた。そして、ドイツ軍が弾道ミサイルを開発中という極秘情報を入手したソ連軍は、実験を阻止しようと浸透戦術を企てる。そこで、ナチス統治下にあった最前線で、秘密裏に活動していたパルチザン軍と交信する為に、電子技師を現地に送り込む作戦を決断、優秀な爆撃機パイロットであったグリフツォフに任務を課す。が、この電子技師こそが、彼が戦中で生き別れていた婚約を誓ったカティアであった。しかし、思わぬ再会を喜ぶ間もなく、カティアを乗せグリフツォフ率いる特殊飛行部隊が動き出すのであった―。

当初のミッション遂行中に、ドイツ軍に撃墜されてしまったグリフツォフ特殊部隊。しかし、同乗していた電子技師カティアと共に2人は奇跡的に生き延びていた。早速、自国パルチザンとの交信に動き出す2人であったが、ドイツ軍の追手に見つかり、グリフツォフは、カティアの身代りに捕虜となってしまう。逃げのびたカティアは、命からがらゲリラ活動を続けるパルチザン軍に合流し、グリフツォフの身を案じながらも諜報活動に動き出すのだが―。

リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。 紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】
  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑