洋画 洋画ドラマ

朝食、昼食、そして夕食

洋画

18 COMIDAS
製作年度:(2010)
製作国:スペイン/アルゼンチン

出演: ルイス・トサル, セルヒオ・ペリス=メンチェタ, ペドロ・アロンソ, クリスティナ・ブロンド
監督: ホルヘ・コイラ

解説

『星の旅人たち』『サン・ジャックへの道』などで知られるスペインガリシア地方を舞台に、三食にまつわる物語を描くドラマ。朝、昼、晩の食事をめぐるさまざまな人々の人生を紹介する。同地方出身のホルヘ・コイラが監督を務め、主人公を『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』のルイス・トサルが演じている。家族や恋人たち、ゲイのカップルや見知らぬ者同士の奇想天外で小粋なストーリーに引き寄せられる。

あらすじ

巡礼地として有名なスペイン北部ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラの路上で、エドゥ(ルイス・トサル)がギターを奏で始める。徹夜で飲み明かした男2人は酔っぱらったまま彼が演奏する広場のそばにあるバルに朝食を取りに行く。一方、ソル(エスペランサ・ペドレーニョ)は、夫と悪夢の話をする小学生の息子の朝食の支度に忙しく……。

タイトルとURLをコピーしました