洋画 洋画ドラマ 洋画犯罪

ツォツィ

洋画

TSOTSI
製作年度:(2005)
製作国:南アフリカ/イギリス
映倫 R-15

出演: ツォツィ:プレスリー・チュエニヤハエ, ミリアム:テリー・ベート, アープ:ケネス・ンコースィ, ボストン:モツスィ・マッハーノ, ブッチャー:ゼンゾ・ンゴーベ
監督: ギャヴィン・フッド

解説

アパルトヘイト後も続く南アフリカの過酷な現状と、未来への希望を見つめ、第78回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した感動作。社会の底辺で暴力に明け暮れてきた少年が、生後間もない赤ん坊と出会ったことで人間性に目覚めてゆく姿を描く。監督は、本作の成功により次回作でメジャーデビューを果たす南ア出身のギャヴィン・フッド。監督は本作の成功でメジャーデビューも決まった南アフリカ出身の新鋭ギャヴィン・フッド。アパルトヘイト後もなお続く過酷な現状を描いたリアルなドラマと、主人公の少年を演じて圧倒的な存在感を見せつけた新星プレスリー・チュエニヤハエに注目。

あらすじ

南アフリカ、ヨハネスブルクのスラム街に暮らすツォツィ(プレスリー・チュウェンヤガエー)は、仲間とつるんで窃盗やカージャックを繰り返していた。ある日、高級住宅街にやってきた彼は車を運転していた女性を撃って逃走。やがて、強奪した車の後部座席に生後間もない赤ん坊がいることに気づいたツォツィは、赤ん坊を紙袋に入れて自分の部屋に連れ帰るが……。

タイトルとURLをコピーしました