洋画 洋画ドラマ

早熟のアイオワ

洋画

THE POKER HOUSE
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ

出演: ジェニファー・ローレンス, クロエ・グレース・モレッツ, セルマ・ブレア, ボキーム・ウッドバイン
監督: ロリ・ペティ

解説

『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのジェニファー・ローレンス、『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グレース・モレッツら、実力派女優が共演したドラマ。売春婦を母親に持つ姉妹が、劣悪な環境で生きながらも希望を見いだそうとする姿を追い掛けていく。監督を務めるのは、女優としても活躍する『ハートブルー』などのロリ・ペティで、彼女の自叙伝的作品にもなっている。撮影当時、17歳、10歳であったとは思えない、ジェニファーとクロエの堂に入った演技も見もの。

あらすじ

1976年、アイオワ州にある閑散とした町カウンシルブラフス。売春婦サラ(セルマ・ブレア)の娘に生まれた14歳のアグネス(ジェニファー・ローレンス)とキャミー(クロエ・グレース・モレッツ)は、ポーカーハウスと呼ばれる不法居住者たちが集う屋敷で暮らしていた。夜ごと、ポーカー賭博やセックスを求めるドラッグディーラーたちがポーカーハウスにやって来るという異様な環境から、彼女は幼い妹たちを懸命に守ろうとする。そんな中、サラに自分と一緒に売春をするように迫られてしまう。

タイトルとURLをコピーしました