洋画 洋画アクション 洋画ホラー

ヒトラー最終兵器

洋画

OUTPOST: RISE OF THE SPETSNAZ
製作年度:(2013)
製作国:イギリス

出演: ブライアン・ラーキン, イヴァン・カマラス, マイケル・マッケル, ジェームズ・トンプソン
監督: キアラン・パーカー

解説

第2次世界大戦の東部戦線を舞台に、ナチスが極秘開発した生物兵器とソ連軍の精鋭部隊スペツナズの死闘を描いたホラーアクション。『ゾンビ・ソルジャー』などの製作を務めたキアラン・パーカーが監督を務め、地下要塞という閉ざされた空間で壮絶な肉弾バトルがノンストップで展開する。PRIDEなどで脚光を浴びた総合格闘家ジェームズ・トンプソンがバイオソルジャー役で大暴れ。劇中で使用される銃火器や装備も、当時の東部戦線仕様が採用している点も興味深い。

あらすじ

第2次世界大戦。東部戦線でドロコフ軍曹(ブライアン・ラーキン)率いるソ連軍の特殊部隊スペツナズは、任務中にナチス部隊に捕らえられ地下要塞へと連行される。そこではマッドサイエンティストが無敵のゾンビソルジャーを生成するため、極秘兵器開発に没頭していた。それらが戦場に放たれる前に狂気の実験を阻止すべく、スペツナズの兵士は死闘を繰り広げる。

タイトルとURLをコピーしました