洋画 洋画サスペンス

388

洋画

388 ARLETTA AVENUE
製作年度:(2011)
製作国:カナダ

出演: ニック・スタール, ミア・カーシュナー, シャーロット・サリヴァン, デヴォン・サワ, アーロン・エイブラムス
監督: ランドール・コール

解説

『CUBE』『スプライス』の鬼才ヴィンチェンゾ・ナタリが製作総指揮を務めるサスペンス・スリラー。閑静な住宅街に暮らす夫婦が、正体不明の何かに平穏な生活を破壊されていく様子を、息詰まるタッチで映し出していく。『ターミネーター3』『シン・シティ』のニック・スタールが不条理な恐怖にさらされ、狂気のふちへと追いやられる夫を熱演。その妻にふんするテレビドラマ「Lの世界」のミア・カーシュナー、テレビドラマ「NIKITA/ニキータ」のデヴォン・サワなど、若手実力派が脇を固めている。

あらすじ

高級住宅街アレッタ通り388番地に屋敷を構える、ジェームズ(ニック・スタール)とエイミー(ミア・カーシュナー)の夫婦。ひょんなことからエイミーとけんかをしたジェームズはそのまま仕事に出るが、帰宅してみると彼女は「頭を冷やしたい」という書き置きを残して姿を消していた。不安に駆られ、家族や友人に連絡するも、誰もエイミーの所在を知らないという。ジェームズ一人が残された家では、窓ガラスが割られたり無言電話がかかるように。やがて、ジェームズはパソコンの画面に拘束されたエイミーの姿を見つけ……。

タイトルとURLをコピーしました