洋画 洋画アクション 洋画犯罪

UNIT 7 ユニット7/麻薬取締第七班

洋画

UNIT 7
GRUPO 7
製作年度:(2011)
製作国:スペイン

出演: アントニオ・デ・ラ・トーレ, マリオ・カサス, ホアキン・ニュネス, ホセ・マヌエル・ポガ, インマ・ケスタ
監督: アルベルト・ロドリゲス

解説
麻薬取締第七班=UNIT7″に与えられた困難な指令―
それは、街に張り巡らされた麻薬ネットワークを破壊し、麻薬の浸食に終止符を打つことだ。
このチームは若くて野心にあふれ、刑事になることを望むアンヘルと暴力的で横柄だが有能な警官ラファエルに率いられている。
やがてチームの存在は、暴力、恐喝、虚実を駆使する彼らの捜査方法によって、法の外へと、はみ出していく。
しかし、暴力的な捜査は大きな成果をあげ、チームは大衆の支持を得た。
これを機に更に過激な捜査を続けるアンヘルは捜査方法を改善したいと考えるようになったラファエルと対立することになっていく・・・。

タイトルとURLをコピーしました