洋画 洋画アクション 洋画西部劇

怒りの用心棒/復讐のダラス

洋画

THE PRICE OF POUER
IL PREZZO DEL POTERE
製作年度:(1969)
製作国:イタリア

出演: ジュリアーノ・ジェンマ, ヴァン・ジョンソン, ウォーレン・ヴァンダース, マリア・クアドラ
監督: トニーノ・ヴァレリ

解説

南北戦争も終わり、平和を取り戻したかに見えたアメリカ。奴隷解放に尽力するガーフィールド大統領が遊説に訪れた先は、テキサス州ダラス。しかし、出迎えたのは市民の歓迎だけではなかった……。ジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件を髣髴とさせる政治スリラーを、マカロニウエスタンに持ち込んだ意欲作。オリバー・ストーンの『JFK』より4半世紀も早く、暗殺事件の裏にうごめく欲望と陰謀の構図を堂々と語りつくしたのは、セルジオ・レオーネの愛弟子にして名作『怒りの荒野』を放ったトニーノ・ヴァレリ。師匠直伝の凝ったカメラワークでサスペンスを盛り上げ、『イル・ポスティーノ』でアカデミー賞を受賞したルイス・エンリケス・バカロフの哀愁のメロディが心にしみる。ジェンマが演じるのはダラス出身ながら北軍に参加した正義漢ビル。暗殺事件の犯人に仕立て上げられた黒人の友ジャックと大統領の名誉を守るため、巨大な悪の組織に単身挑む。ヴァン・ジョンソン、フェルナンド・レイといったアメリカ、スペインの名優との共演も見ものだ。 劇場未公開ながらTV放映で人気を呼び、『復讐のダラス』『ダラス・ブリット/怒りと復讐の果て』の題名でビデオも発売された。

タイトルとURLをコピーしました