洋画 洋画アクション 洋画サスペンス 洋画犯罪

ボビーZ

洋画

THE DEATH AND LIFE OF BOBBY Z
製作年度:(2007)
製作国:アメリカ/ドイツ

出演: ポール・ウォーカー, ローレンス・フィッシュバーン, オリヴィア・ワイルド, ジェイソン・ルイス
監督: ジョン・ハーツフェルド

解説

負け犬人生を送る元海兵隊員の男が、伝説の麻薬王“ボビーZ”に成り済まして麻薬捜査に協力するサスペンス・アクション。監督は『15ミニッツ』のジョン・ハーツフェルド。主人公の元海兵隊員を『南極物語』のポール・ウォーカーが、彼に捜査協力を依頼する捜査官を『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーンが演じる。一難去ってまた一難の波乱に満ちた展開と、ポール・ウォーカーのアクション・スターぶりに注目だ。

あらすじ

長期服役中の元海兵隊員ティム(ポール・ウォーカー)は、刑務所内でも問題を起こしてばかり。そんな中、彼は麻薬取締局の捜査官(ローレンス・フィッシュバーン)から、ある麻薬捜査への協力を持ち掛けられる。それは、カリフォルニアの伝説と言われる麻薬王“ボビーZ”に成り済ますというものだった。

タイトルとURLをコピーしました