邦画 邦画サスペンス 邦画ミステリー 邦画ラブロマンス

行きずりの街

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本

出演: 仲村トオル, 小西真奈美
監督: 阪本順治

解説

別れた妻と12年ぶりに運命的な再会を果たした元教師が、かつて自分を追放した学園の黒い謎に孤高の闘いを挑み、失われた時間と誇りを取り戻そうとする恋愛ミステリー。「このミステリーがすごい!」第1位に輝いた、作家・志水辰夫の原作を阪本順治監督が映画化。過去にとらわれながらも自らの道を切り開く主人公を仲村トオルが、過去を振り返らず前だけを見て生きるヒロインを小西真奈美が熱演。夫婦がたどり着く真実に驚がくする。

あらすじ

塾講師の波多野(仲村トオル)は、失踪(しっそう)した塾の教え子・広瀬ゆかりを捜すため、再び東京へ。失踪(しっそう)事件の背後に12年前自分を都内の名門女子高から追放した男たちがいることを知り、かつての学園関係者が出入りしていた六本木のバーを訪れる。が、そのバーを経営する女性は波多野の生徒で別れた妻・雅子(小西真奈美)だった。

タイトルとURLをコピーしました