邦画 邦画エロス 邦画コメディ 邦画ファンタジー

受難

邦画

製作年度:(2013)
製作国:日本
映倫 R15+

出演: 岩佐真悠子, 淵上泰史, 伊藤久美子, 古舘寛治
監督: 吉田良子

解説

直木賞候補となった姫野カオルコの小説を実写化した、異色のドラマ。恋愛やセックスに対して深く考えてしまう女性が、局部に出現した人面瘡(そう)と奇妙な共同生活を送っていく。メガホンを取るのは、『《ポルノチック》 惑星のかけら』などの俊英・吉田良子。『009ノ1 ゼロゼロクノイチ THE END OF THE BEGINNING』などの岩佐真悠子が主演を務め、全裸もいとわない熱演を披露する。奇想天外な物語や何かとヒロインをののしる人面瘡(そう)のキャラクターも要チェック。

あらすじ

修道院で育った、天涯孤独で純粋無垢(むく)な女性・フランチェス子(岩佐真悠子)。社会に出たばかりの彼女は、どうして男と女は恋に落ちるのか、なぜセックスするのかを深く考え悩んでは、もんもんとする毎日を送っていた。そんな折、彼女の性器に人面瘡(そう)ができてしまう。しかも、その人面瘡(そう)は事あるごとにフランチェス子を「おまえはダメな女だ!」と口汚くののしる意地の悪い性格。情け容赦ない言葉の数々に打ちのめされながらも、人面瘡(そう)人瘡(そう)に古賀さんという呼び名を付けて一緒に暮らしていくが……。

タイトルとURLをコピーしました