七つまでは神のうち

公開日: : 最終更新日:2017/07/29
邦画, 邦画サスペンス, 邦画ホラー


製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 日南響子, 飛鳥凛, 藤本七海, 霧島れいか
監督: 三宅隆太

解説
ミステリアスな複数の失踪(しっそう)事件を軸に、人間の深いかなしみを描き出すサスペンス・スリラー。監督は、『ケータイ刑事(デカ)』シリーズの脚本家としても知られる三宅隆太。過去にトラウマを抱える女子高生を、映画初主演の日南響子、娘を失ったことで精神に異常をきたしていく主婦を『ノルウェイの森』の霧島れいかが演じる。神秘的な映像と巧みなプロット、さらには圧巻のラストに注目だ。

あらすじ
10年前の事件をきっかけに、心を深く閉ざした女子高生・繭(日南響子)。ある日、神に祈るために通っている教会からの帰り道に不審なワゴン車と車内に拘束された少女を目にした繭は、父と共にワゴン車を追跡する。一方、閑静な住宅地に住む信心深い主婦・真奈(霧島れいか)は、娘を神隠しで失う悪夢に悩まされていた。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑