邦画 邦画サスペンス

東京闇虫 第二章

邦画

東京闇虫 パートII
製作年度:(2013)
製作国:日本

出演: 桐山漣, 辻本祐樹, 秋山莉奈, 穂花, やべきょうすけ
監督: 佐藤佐吉

解説

借金まみれの若者が裏社会の闇へ転落していく姿を描く本田優貴原作の同名コミックを実写映画化。テレビ「仮面ライダーW」でブレイクした桐山漣が主人公の若者を熱演。脚本・監督は「東京ゾンビ」の佐藤佐吉。ギャンブルに明け暮れ借金まみれの生活を送る加藤亮は、ある日、ドサ袋に入れられ浅村という男の目の前に連れ出される。借金の形に雇われた加藤に与えられた仕事は、赤い封筒に入れられた金を目的の相手に届けるだけ、というもの。一回五万円というギャラに有頂天の加藤だったが、ヤクザの鯖田に金を届けた際、浅村から「鯖田に渡した金を取り返せ」と指示を受け…。

タイトルとURLをコピーしました