洋画 洋画コメディ 洋画ドラマ 洋画ラブロマンス

ヒステリア

洋画

HYSTERIA
製作年度:(2011)
製作国:イギリス/フランス/ドイツ/ルクセンブルク
映倫 PG12

出演: ヒュー・ダンシー, マギー・ギレンホール, ジョナサン・プライス, フェリシティ・ジョーンズ, ルパート・エヴェレット
監督: ターニャ・ウェクスラー

解説

セックス・ツールとして広く浸透しているアダルトグッズをめぐる実録ドラマ。19世紀ロンドンで電動バイブレーターを開発した医師モーティマー・グランビルの姿と、彼が当時の女性たちの性生活をいかに変えたのかを追い掛ける。『お買いもの中毒な私!』のヒュー・ダンシーを筆頭に、マギー・ギレンホール、ジョナサン・プライスら、実力派俳優が集結。医療電気製品として初めて特許を獲得したのが電動バイブレーターだったなど、随所にちりばめられた驚きのエピソードも見ものだ。

あらすじ

ヴィクトリア王朝が栄華を極める、1890年のロンドン。街では、感情が過敏になったり、不感症になったり、異常なまでに性欲が強まったりと、さまざまな症状を引き起こす女性特有の病気とされるヒステリーが広まっていた。そんな患者たちを救おうとする婦人科の権威であるダリンプル医師(ジョナサン・プライス)は、あるマッサージ療法を生み出す。そんな中、彼の診療所で多くの女性の治療に明け暮れる青年医師グランビル(ヒュー・ダンシー)が、あまりの激務から腕が動かなくなってしまった上に、診療所を解雇されてしまう。

タイトルとURLをコピーしました