スイッチを押すとき

公開日: : 最終更新日:2017/05/30
邦画, 邦画サスペンス


製作年度:(2011)
製作国:日本
映倫 PG12

出演: 小出恵介, 水沢エレナ, 佐野和真, 真司郎(AAA), 阪本奨悟
監督: 中島良

解説
『リアル鬼ごっこ』の原作者でもある山田悠介の代表作を映画化した衝撃的なサスペンス。激増した若者たちの自殺をめぐる国家プロジェクトに翻弄(ほんろう)される子どもたちの驚異の物語が展開する。『ROOKIES』シリーズなどの小出恵介が看守を熱演。『風が強く吹いている』でも小出と共演した水沢エレナが、必死に生きる少女にふんしている。実際の廃虚を舞台にした迫力の映像や、生きることの意味を問う物語に引き込まれる。

あらすじ
国は多発する10代の青少年の自殺の原因を探るという名目で10歳の子どもたちを監禁し、自殺装置のスイッチを持たせて自殺に至る心理を観察していた。多くの子どもたちがプレッシャーに耐え切れずに命を落とす中、6人の少年少女たちは奇跡的に7年間生き延びていた。そんな彼らのもとに新しい看守の南(小出恵介)が赴任してきて……。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑