洋画 洋画アクション

エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~

洋画

HAMILTON: MEN INTE OM DET GALLER DIN DOTTER
製作年度:(2012)
製作国:スウェーデン

出演: ミカエル・パーシュブラント, フリーダ・ハルグレン, カル・マッキャンチ, スティーヴン・ウォーディントン
監督: トビアス・ファルク

解説

スウェーデン発の、北欧を中心に高い人気を誇るスパイ・アクション『ハミルトン』シリーズ第2弾。ヤン・ギィユーによる小説「カール・ハミルトン」シリーズを基に、テロ組織に誘拐されたスウェーデン情報局要員の娘を救出に向かったトップエージェントが、事件の背後に隠された巨大な陰謀に挑む。孤高のヒーロー、ハミルトンを『未来を生きる君たちへ』のミカエル・パーシュブラントが熱演し、『歓びを歌にのせて』のフリーダ・ハルグレンらが共演する。

あらすじ

パレスチナで、スウェーデンの総理も標的に含んだ暗殺計画をたくらむテロリストが殺害された。SAPO(スウェーデン情報局)要員による犯行だったが、その報復に要員の娘がテロ組織にさらわれてしまう。彼女の代夫である特別諜報(ちょうほう)員ハミルトン(ミカエル・パーシュブラント)は、救出のために敵の拠点へ向かう。しかしその裏では、密謀がうごめいており……。

タイトルとURLをコピーしました