東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 劇場版

公開日: : 最終更新日:2017/05/05
邦画, 邦画ドラマ


製作年度:(2007)
製作国:日本

出演: オダギリジョー, 松岡錠司, 樹木希林, 内田也哉子, 松たか子
監督: 松岡錠司

解説
リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。監督を『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本をリリーと同郷の松尾スズキが担当し、社会現象的なブームにまでなった原作の映画化に挑んだ。主人公の“ボク”にオダギリジョー、“オカン”にベテラン女優の樹木希林。昭和から平成を見つめてきた東京タワーをめぐる母子の深い愛情のドラマに胸打たれる感動作。どこか頼りなくナイーブな主人公を演じたオダギリジョーがハマリ役。

あらすじ
1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り、妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、女手一つでボクを育て始めるのだった。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑