洋画 洋画サスペンス 洋画ホラー

ネスト (2009)

洋画

THE NEW DAUGHTER
製作年度:(2009)
製作国:アメリカ

出演: ケビン・コスナー, イバナ・バケロ, サマンサ・マシス, ガトリン・グリフィス, ジェームズ・ギャモン
監督: ルイス・ベルデホ

解説

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』などの名優ケヴィン・コスナーを主演に迎え、ジョン・コナリーの短編小説を映画化した衝撃のホラー。静かな一軒家に新天地を求めてやってきた家族に降り掛かる災難を、家族のきずなや心の痛みと共に映し出す。本作で長編監督デビューを飾ったのは『REC/レック』で脚本を手掛けたルイス・ベルデホ。何者かに狙われる娘を、『パンズ・ラビリンス』のイバナ・バケロが好演する。じわじわと神経を逆なでされるような恐怖に戦慄(せんりつ)を覚える。

あらすじ

妻と離婚したジョン(ケヴィン・コスナー)は、反抗期の娘ルイーサ(イバナ・バケロ)と7歳の息子サム(ガトリン・グリフィス)を連れてサウスカロライナ州マーシーへと引っ越す。彼らは田舎町の人里離れた場所にある大きな一軒家で新生活がスタートするが、その家はどことなく普通の家とは違っていた。引っ越しの翌日、ルイーサは家のそばにある古墳のような奇妙な塚を発見し……。

タイトルとURLをコピーしました